税理士のお仕事事情

税理士のお仕事事情

税理士の求人情報は専門のサイトで

税理士の転職や復職は税理士、会計事務所などの求人情報を専門に扱っているサイトを利用すると便利になります。
こうしたサイトの一番の魅力は、職安や新聞の求人広告などには出していない情報が豊富に掲載されている事にあります。
専門化をする事により、より沢山の求人情報が集まるので、待遇アップを望む求職者にとってはとても便利です。
また、サイトには転職アドバイザーなどが在籍しており、事務所と求職者とのマッチングをしてくれるので、希望の条件から外れた事務所に入職する事も少なくなります。
スカウトシステムを設けているサイトもあるので、気になったサイトにはプロフィールを登録しておきましょう。
プロフィールは匿名での登録が可能なので、気軽に登録する事が出来るのも魅力です。
今すぐ転職を考えていなくても、こうしたスカウトシステムに登録をしておくと転職をしたい時に有利な情報を得る事も出来ます。
サイトの利用料は無料となっているので、複数のサイトを併用しながら上手く利用しましょう。

税理士の求人に応募したい!と思ったら

税理士の求人は、毎年ニュースなどを賑わす新卒採用とは違い、毎年定期的に行っている事務所はありません。
ただ、税理士試験は毎年8月に行われた後、若手人材の求人が多くなります。
ハローワークなどで会計事務所とフリーワードで指定すると出てきますが、未経験者が税理士事務所などに応募する際には注意が必要です。
まず、未経験者は比較的若い年齢の時点で積極的に応募した方が、採用率が高くなります。
また、実務経験がない人の場合は資格でアピールするしかありません。
日商簿記といったポピュラーな資格を取得するのと同時に、税理士試験科目を取得することです。
一般的に試験受験生が最初に取得する「簿記論」、「財務諸表論」がおすすめです。
どちらも受験の必須科目だからです。
さらに他の若い受験生と差別化するために、アルバイトで事務所で働いていた経験がある人の場合は、仕事を通じて学んだこと、働きながら試験勉強をしてきたということをアピールするのもいいでしょう。

Last update:2016/5/20