税理士のお仕事事情

税理士のお仕事事情

税理士にも語学は必要

税理士にも語学は必要で、高い語学力を持っていると転職の時に有利になることがあります。
現在はボーダレスの社会であり、外資系の企業も日本に多くの拠点を構えています。
外資系の企業でも会計の仕事は行われており、税理士は必要とされています。
外資系なので会社内で使われている言葉は英語です。
外資系の会社で英語ができる税理士の方は優遇されることがあります。
具体的な英語力としてはTOEICが目安になります。
点数でいったら、700点以上が好ましいです。
外資系というと、英語圏の会社を思い浮かべがちですが、最近は日本に進出する中国系の会社も増えてきました。
そういった会社でも税理士の人材を募集することがあります。
中国経済は今後も発展が予想されるので、中国語を身に付けるのもこの仕事をやっていく上で役立つようになりました。
たとえ外資系の企業にすぐ転職する意志はなくても語学力を身に付けておくのは、この仕事で生き残っていくために大きなプラスになります。

税理士に語学のスキルをプラス

税理士などの専門的なスキルを持っていると、社会の中で長く活躍し続けやすいというメリットがあります。
もちろんその専門性を高めていくことは大切です。
それに加えて、多くの人に対応できる能力を身に付けていくことでより活躍の幅が広がっていくことになります。
税理士としての専門スキルだけではなく、コミュニケーションに関する能力を高めていくことも意識していきましょう。
特に語学に長けていると、役立つシーンが多くなります。
ビジネスのあるところに税理士の活躍の場があります。
最近は国際的なビジネスも多くなっていて、国内だけの取引という事は少なくなっています。
外資系企業なども多く出ていますから、顧客の中にそういった会社がないとは限りません。
そういった海外をベースとした人々を相手にするときに、一定レベルの語学力があることは基本といえます。
専門スキルを磨いていくことに加えて、こうした語学スキルのブラッシュアップも心がけていきましょう。

注目サイト

創価学会 仏壇
http://www.kouundo.net/

最終更新日:2016/5/19